« 日光から皆既月食 | トップページ

2014年11月28日 (金)

モルディブ旅行♪ その①

 ここのところ寒い日が続いているねぇ。昨日は暖かかったけれど、月曜から水曜は雪でも降るんじゃないか?って思うほどに寒かった。
でも・・・寒く感じるには理由があって。。。
一人で勝手に自慢しちゃうけど、タイトルどおり、

モルディブに行ってきた♪
(正確には連れて行って貰った。。。)

南国リゾートは二度目で、一度目はタイのプーケットへ。これは確か、数年前のGWだったけど。
今回は今月、11/17~6日間行って来たのだhappy01
去年の暮れにカンボジアへ行った時は羽田発で、今回は成田発だったから、成田はプーケット以来。空港から新鮮だったなぁ。(国内なのに)

この旅の経路は、スリランカ航空にて成田からスリランカのコロンボでトランスファー、コロンボからマーレ、マーレからスピードボートで島へ。トータル時間は13時間位?結構な長旅だったけれど、飛行機に乗っているのは嫌いじゃない。むしろ好き、いや、とても好きheart01
寝てるもよし、本を読んでもよし。今は座席に各々TVも付いているから時間を持て余すことは私は無くて。けれどもエコノミーシートの窮屈さは、やっぱり男性には厳しいんじゃないのかな・・・。

まぁまぁ、とにもかくにも大好きな飛行機~。
海外旅行は数える程しか経験の無いワタシ・・・とりわけ航空会社は殆どJALだった。
今回のスリランカ航空は初めてなのでドキドキ。何故ドキドキするかって、ほら、JALやANAだったら機内でも日本語が使えるけれど、外国の航空会社って基本は英語になっちゃうから(*^_^*) 日本語を話すCAさんもいらっしゃるのだけどね。

Blog2879

往路は昼間の時間帯だったので、飛行機が安定した辺り・・・九州上空だったかな?窓の外をパシャリshineこの空の色のグラデーションがとても好き。でも、ずっと眺めて居たかったのだけど、お日様が入るからか早々に窓を閉めるようCAさんからの指示weep ま、仕方ないよね、自分は眩しくなくても、日の光って遠くの人が眩しい時有るしね・・・。

そういえば離陸から2時間程で最初の機内食が出たのだった。一度目か二度目か忘れてしまったのだけど、これは美味しかったnote

201411281

そしてトランスファー後のお食事。

201411282

これは微妙(*^_^*)・・・あ、ワタシ的に!相方は「美味しい」って言ってたし。多分、異国の味に三度目で飽きてしまったのかなsweat01だって、この時既に「納豆ご飯が食べたい」って思ったもの。てか、納豆ご飯をほぼ毎日食べているから、三食のうち一食は納豆じゃなくちゃいやーって身体が納豆を欲していたのかもしれないcatface

そうだ、どーでも良いことなのだけど、トランスファー前の機中でビールを飲んじゃったから、飛行機ではあまりお手洗いに立たないようにしているのだけど、どうしても行きたくなって立った・・・ところがお手洗い、待てど暮らせどずーっと同じ人が入ったままなの。どの位立っていたかなー・・・少しの心配も感じ始め(例えば中で倒れてるとか・・・倒れるスペースが無いって話だけど)、いよいよドアをノックしてみた。しかしそれでも無反応・・・いよいよ違うお手洗いに、そう、河岸を変えようと思った途端にドアが開いたので小走りで戻った。そうしたら男性のCAさん(*^_^*) しかも女性で言うところのお化粧ポーチのような物を持っていて、何やら支度をしていたみたい。

あ、更にどーでも良いのがスリランカ航空、とってもムーディなの(*^_^*)

Blog2880

天井がライトアップされて、この時はこんな色だけど、何色かに変化したのだ!

などなど、映画も2.5本観、持って行った本は3分の1位読み、食べて仮眠して。退屈しない機中での時間だった(^^)

で、マーレに着いた~♪・・・21時過ぎにね(*^_^*) とても小さな空港で、着いて早々に現地係員に誘導され、あっという間にスピードボートに乗り込み。だからパシャパシャと写真を撮る余裕が無くて残念だったな~。

実はカナヅチのワタシ、スピードボートに乗ることさえもちょっと、いや、かなりビビっていたのだった(*^_^*) ・・・で、怖かったんだよ~スピードボートsign01

スピードボートと呼ぶくらいだから、まぁ速いんですわcatface 速いのは良いのだけど、途中で、そう、大海原の真ん中で急に止まっちゃったんだよねsweat01何が原因で止まったのかは分からないけれど、止まっている2分程の時間は頭の中がパニック。とても小さなボートだから、止まると何て言うんだろう・・・感覚的には遊園地のバイキング並みに左右に、そして上下に揺れている感じ。この旅で一番怖かったのはボートが止まったあの時だなー。泳げる相方は全然平気そうだったけど(*^_^*)

そして着いたリゾート、センターラ・ラスフシ(Centara Ras Fushi Resort & Spa)shine

船着き場に着いて、ゴルフ場のカートみたいな乗り物に乗った・・・気もするけど、てくてく歩いた気も。船着き場からそんなに遠くないフロントへ。夜のフロントはこれまたムーディkissmark

201411284

足下は砂!この時はまだ運動靴を履いていたけれど、えいえいって靴も洋服も脱ぎたくなっちゃうような綺麗な砂だった(^^)

チェックインやホテルからの説明は相方が済ませてくれて、この旅は楽しみにしていた水上ヴィラへの宿泊だったから、今度こそ記憶に間違いないカートで部屋まで連れて行ってもらった。だって、私達の部屋はヴィラの端から二番目。フロントからとーっても遠いの。毎日、一日何度も往復したけれど、どんなに急いで歩いても、フロントやレストラン・バー迄は10分位かかった。この時はまだどんなに遠いか知らなかったけど、それは翌日以降に実際歩いて知ることになったのだった。。。

201411285

そしてお部屋~shine この感じはWebで何度も見たからイメージどおり(^^) 新しいリゾートってこともあり、シンプルだけれど隅々まで清潔感の有る綺麗なお部屋!

・・・でも、ここでまた相方が溜息をつくような事件がbearing

ふと一息つくと、なんだか羽音がしたんだよね。・・・で、よーくお部屋を見渡すと、それはそれは見たこともない、本当に本当に大きなトンボがcrying 少しの悲鳴、叫び?を上げ(吠え)シャワールームへと逃げ込んだワタシ。結果、二匹のトンボがお部屋の中に居たみたい。昔時たま見たオニヤンマ・・・あれよりもずっとずっと大きくてね、今思うと写メ撮らなかったことを後悔するくらいにハンパない大きさのトンボを、相方が外に出してくれたよsweat01

これも後から少しずつ経験したのだけど、モルディブは虫と仲良くならなくちゃイカン。私は虫が苦手で、それこそ蟻に至るまで自ら触ったことがない。もっとも蟻は外で遊んで寝ころんだりすると指先や腕をよじ登ってきたりするよね。そういう時はごめんなさいして、息で吹き飛ばしていた。でも、人間って環境に慣れるのが早いのね~。巨大トンボはこの日の夜しか見なかったけれど、虫にしてもカメレオンみたいな生き物にしても、日常では滅多に身近に居ない生物が近くに来ても驚かなくなった。あ、それでも自ら触ったりはしなかったけど(*^_^*) 因みにカメレオンみたいな生き物は部屋の中には入ってこなかっった・・・って当たり前だよね、水上ヴィラだもんsweat01

ギャーギャー騒いで、けれどもシャワーを浴びて、明日に備えて就寝・・・

のハズが、これもスピードボートの次に怖かったんだよ・・・眠りにつく頃に、海も空も荒れ模様となり、これがまたハンパない波の音、風の音が聞こえるんだわgawk ついでにコテージも揺れる揺れるsweat01 何度も目を覚ましカーテンを開け、漆黒の海と空を眺めたのだけど明け方近くは荒れ模様もピークだったのか怖くて起き上がれなかったsweat01

揺れるね、水上ヴィラ。

翌日の朝は6時頃に起きたけど、ヴィラごと漂流する夢で起きたほどbearing まぁ、私が怖いと思う感覚は自他共に認める極度のビビり症なので、他の人は怖いと感じないのだろうな。現に相方だってそんなに怖くなかったみたいだし。

そんな夜を過ごした翌日のことは・・・また別の日に書こう。眠くなってきちゃった。それにしてもこう書いていると本当にまた行きたくなるものだなー。相方は四度目だもの。何度も行きたくなる気持ち、今ならよく分かる。

さて。次回はまた今度(^^)

|

« 日光から皆既月食 | トップページ

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/205462/60728797

この記事へのトラックバック一覧です: モルディブ旅行♪ その①:

« 日光から皆既月食 | トップページ