« 宮まつりなど | トップページ | 練習曲始めました »

2014年8月13日 (水)

トラウマを越えた

 8/10の日曜日は、この夏最後のバラード1番を弾いてきた。
6月末の4号線練習会から数えるに・・・5回の本番(*^_^*)
ひゃ~~~sweat015回も舞台で弾いたのか。疲れるわけだcatface

特に最後の舞台は目標の達成と、自分の中で抱えていたトラウマを乗り越えることが出来た、とても大切な舞台となった。
そりゃミスタッチは多々有ったけれど、二つ目のミスタッチの時に吹っ切れたかな。

ほんの一年前までは舞台でそれ程緊張することは無かったのだけど、去年のフランクでジャブにフックにアッパーを同時にくらった感じ。完全にKO負けpunch
今年もフランク再来・・・って場面も有ったけど、そこから回を重ねたらなんとか(^^;)
・・・綱渡りとも言うのか?

日曜日は直前までロングのドレスを着るか否か悩んだりもしたけど、ある人がかけてくれた言葉を思い出し、そうだよなぁなんて。
とても素敵な言葉を貰った。
「舞台に立つことは非日常で有るから、日常を越えた内容の曲を演奏するには女優並みの表現力が必要で、きっとドレスはそれを支えてくれる」
・・・だいぶ端折ったけど、こんな感じ。
心にストーンって入ってきて、きっとどんな舞台でもそうかもしれない、って思った。
勝負服なんてのも有るように、いつもと違う装いをすることはピアノに限らず何らかのパワーを注入出来る道具になるし、振り返れば確かに、仕事の場面でも、大事な時はちょっと良いスーツなんか着たり、或いは良い靴履いたり。
ピアノなら表現の一部として自分自身を演出する必要も有るよね。
そんなこんなの、色んな人達に背中を押された一日だったなぁ。

今年はバラード1番をとことん追求したいから、また秋から弾く予定だけど、同時に自分がここ数年弾いた曲を思い返す。
・・・あんまり仕上がっていないんだよねぇcatface
シャコンヌに行く前に今一度、未完に終わった数曲をおさらいしようかなぁ、なんて。
数年で暗譜出来た曲なんて・・・3曲しか無いもんgawk
シャコンヌはここで練習を止めたらまた振り出しに戻るからヨチヨチ歩きを続けるけど、過去曲を1曲ずつ暗譜出来るまでおさらいしよう。

|

« 宮まつりなど | トップページ | 練習曲始めました »

ピアノの話」カテゴリの記事