« 2014年7月 | トップページ | 2014年9月 »

2014年8月の6件の記事

2014年8月26日 (火)

どんなときも

 うまく行かない時って、本当に何もかもうまく行かないものだgawk
自分でも唯一分かっていること・・・それは、三つ重なるとダメ。
もう、なーんも手につかなくなる。

重なることというのは何も出来事に限ったことではなく、自分の意識の問題だったり。
事実は起こっていないのに、誰かの言葉に囚われたり、これから9割方起こるであろうことに今からヤキモキしたり形は様々だけど、とにかく三つ。

負の感情。

負の感情の反対語を調べたら、正の感情とか「愛」だとか出てきたけど、そうなのかな。
私が思うに反対語は「無関心」だと思う。
正の感情を常に保つことなんてとてもじゃないけど出来ないし、或いは愛が全てを解決してくれるなんて到底思えないし。
勿論、愛には様々な形が有ると思うけれども。
夫婦愛、親子愛、兄弟愛、友情だって愛に等しい、こともある。
誰かの言葉に、手に、救われる時もある。
でも、自分で防御するのならそれは無関心であることしか無いんじゃないかなぁ。

ならばあらゆることに無関心で居られるのか。
これも難題(^^;)

私は怒りのエネルギーで生きていると言われた。

・・・少しだけ傷ついた。
そりゃ、頻繁に怒っているかもしれないけれど、怒りの程度がどの程度かは自分で分かるしコントロール出来ている。
本当は怒りたくなんかないし・・・そもそも、怒っていると思われているようだが、正直、実はあんまり怒ってはいない。
だって、私が怒ることで収まることだって有るんだもの。
誰かが怒り出せば、実はもっと怒っている人も先手を打たれたと思い、怒る、キレる機会を逃すでしょ。
酒宴の席で、自分が酔いそうになった時に、半端無い泥酔者を見て酔いが醒めるような感覚。
1対1じゃそうは行かないけれど、組織の中にあっては、怒り役・怒られ役・仲裁役がなんとなく決まって、そこに色んなエキストラが入り丸く収まることが多い。

けれども言われて、「あー・・・凹んだ」と気持ちを引っ張るようになるのであれば、無関心になるしか無いのか。

そんな気持ちを抱えたまま、ある人の言葉を。
「怒」は時に原動力に成り得ると。
「負の感情」もいつしか未来に繋がるのだと。

「怒」を原動力にした経験は未だ無いのだけど、負の感情については頷ける部分が有る。
負の感情って、きっと他人から見たらとても小さいことが多いと思う。
自分が言われたり、何かをされて嫌だなぁって思ったこととか。
そういったことって、結局主観の問題だから各々受け止める事の大きさが違うのよね。
でも、自分が嫌だなぁって思ったことは絶対に言ったりやったりしないの。

もしかしたら負の感情を沢山持った人ほど、神経をすり減らして、もしかしたらスケールが小さい、なんて言われることも有るかもしれないけれど、誰かを傷つけたり不快にさせるよりはずっといい。

だから負の感情と上手に付き合って行くにはどうすれば良いのかを考えることにした。
自分自身、きっと今まで誰かを傷つけたり不快にさせたりしたことも沢山有ったと思うのだけど、感情をコントロールすることで少しでもそういったことを少なく出来るよう、努力したいな。

そんな夜、パルティータ6番弾いたら泣けてきた~~~。
気持ちを鎮めたい時にはよくバッハを聴くのだけど、バッハは弾いても気持ちがとても落ち着く。

結局、どんなときも一番のお薬は音楽なのかな。

|

2014年8月15日 (金)

仕切り直し

 昨夜から考えたよ、やり直したい曲を。
世間様はお盆休みのこの期間、通常勤務しているのだけど、電話もFAXも、メールすら無いこの勤務時間catface
本日は単純なデータ入力だったので、入力しながら「やり直したい曲・・・」とずっと、ほぼ一日考えてた。

ちゃんと曲にしたいのはやっぱりバラ4だよねぇsweat01
コーダ前まではまぁなんとか・・・なんとかと言っては曲が曲だけに冒涜発言になるかもしれないけれど、自分に甘いからとりあえず良い。でも、あのコーダは駄目だtyphoon
曲になってないもんね。よくあの状態で人様の前に出られたもんだ。
そう言えば、バラ4を聴きに来た父が帰りの車中で「あいつも精一杯やってるのは分かるんだけどなぁ」なんて呟いてた、と後から聞いたんだっけ。
父親をも憔悴させるバラ4shock

続いて伝説の2番。これは緊張により舞台では止まったりしたのだけど、まぁまぁ。
ビデオを先生に観て貰った時も感触は悪く無かったのだが・・・出来たら暗譜したかったよねぇ。

更にプーランクのノヴェレッテ3番。
こりも・・・ブブーだなcatface伝説とのカップリングだったから、そもそも練習しなかった。

パルティータ6番のトッカータ。大好きな曲で、二度の舞台は視奏で。これは暗譜したい。

それと・・・そんな昔の曲じゃないが、やっぱりこれが一番。

プレリュード、コラールとフーガ

去年散々な結末を迎えたこの曲。結末も何も・・・結末がそもそも無かったもんね。
弾いて無いんだからgawk
来年、とは行かないけれど、もう一度向き合いたい曲。

前に先生とのお話の中、やはり一つの時代に偏るのはよろしくないようだ。
四期をバランスよく取り入れて行かないと、技術的にも、表現力も乏しくなり易いのだとか。
確かに、子供は練習曲にソナチネ、バッハ、そして何らかの曲と、大人になった今では忘却の彼方ってくらい同時に色々練習するよね。
大人はその時間が取れないせいも有るのだけど、子供の頃というのは何より、レッスンに曲を持って行くスパン、暗譜力など、大人は敵わない秘めた力を持っているよ。

・・・私は小さい頃からそういった力には恵まれませんでしたがgawk

などなどピックアップするうちに、何らかの古典を読めば四期揃うんじゃ!?
なんて思ったりして。

なので当面は過去曲の復習、基、復讐と何らかの古典を本番で、ということではなく、練習の一部に取り入れようと考えている。

そう言えば今日、昨日注文したエチュードのエキエル版が届いたshine
下がパデ、上がエキエル・・・。

201408141

う~ん・・・微妙(*^_^*)

何が違うって・・・紙の色とか、微妙にエキエルの方が音符が小さい、のか!?でも、譜面台に置くと、バラードはアリンコ沢山居るーーーって感じだったけど、これに関しては妙にスッキリしていて見易いのだ。

なので25-12はエキエル版を使うことに決めた。

こちらもゆっくりマイペースでcatface

開店休業状態の勤務先、静かな日は明日で終わる。月曜日からはまた追われる日が続くだろうから、明日はのんびりしよう。そして週末の土日もまったり過ごす予定note気持ちが解放される休日は久しぶりだからとっても楽しみhappy01

|

2014年8月14日 (木)

練習曲始めました

 と言ってみた(*^_^*)

先日の本番を終え、技術力の無さを改めて痛感。
時折ハノンで準備運動をすることは有るけれど、ここ数年、エチュードらしきエチュードを全くやっていなくて、原点に戻るに先ずは練習曲だろう!と。

でも・・・ツェルニーはちょっと気が重いgawk
てか、つまらない。。。
ツェルニー、50番の19番迄はむかーし昔に終えたんだよね。けれども20番で挫折した。
あの20番、本当に苦痛だった。レッスンに行くことさえ憂鬱になり、嫌で嫌でたまらなくて、いよいよ意を決し先生に「もうツェルニーやりたくありません」みたいなことを言ったのだった。
ツェルニーって、私の世代では当たり前に練習曲で、30番、40番、50番、早い人は60番も終えちゃうんだよねぇ。。。ツェルニーだけで180曲有るじゃない。
180曲って・・・今から180曲なんて課題出されたら来世まで持って行かなくてはならんgawk

そこで考えついたのは、やっぱりショパンのエチュード。
「ツェルニーやだ」発言以降、ショパンのエチュードに変わり、そこから数曲・・・最後にやったのは25-10だった。次は25-12ってところで、これまた25-10に疲れ果て、ショパンすら放棄してしまったのだけど、手付かずにとなった25-12をやってみようかなぁ、なんて。
そうそう、バラ4をやった時にも先生から「25-12やっておけばねぇ・・・」なんて言われたのだった(*^_^*)
同じ形が4番に出てくるんだよね。4番やった時に確かに自分自身、25-8と12できちんと鍛えておけば良かったなぁなんて後悔もしたんだっけ。
そもそも4番をエチュードもやらないで挑戦しようとするのが無謀な話かもしれない(^^;)
うん、確かそんなこともやんわり言われたんだよね。

でも、誰かに言われてどうこうするのでは無く、自分自身で何が足りないかを体感し考えないと、大人になってわざわざエチュードなんて取り組めないもんだ。
だって、大人は時間が無いんだもの。
大体、ショパンに限らずエチュードって・・・ハノンみたいに初見でドンドン前に進めないからしんどいし。

そんなこんなをグルグル考えた夜。

・・・エキエル版をAmazonで注文しちゃったよ(*^_^*)

全音・パデと持っているんだけどね。更にレッスンは重いからペラペラ状態で持って行ってたしcatface
パデとエキエルと、両方見比べて見易い方でやってみよう。

因みにバラード集も少し前にエキエルを買ってみたのだが、見づらいので慣れ親しんだパデのまんまsweat01
講評頂いた中に「エキエルも見てみては?」とあったから買ってみたんだけど、版が違うだけで全然弾けなくなっちゃうもんだわ。
読み直しているバラ4も結局パデ版。
なのに何故また・・・と自問自答してしまうのだけど、そんなエキエル版が届くのが楽しみなこの頃。

明日は過去曲の楽譜を取り出し、やり直したい曲を検討しよう。

|

2014年8月13日 (水)

トラウマを越えた

 8/10の日曜日は、この夏最後のバラード1番を弾いてきた。
6月末の4号線練習会から数えるに・・・5回の本番(*^_^*)
ひゃ~~~sweat015回も舞台で弾いたのか。疲れるわけだcatface

特に最後の舞台は目標の達成と、自分の中で抱えていたトラウマを乗り越えることが出来た、とても大切な舞台となった。
そりゃミスタッチは多々有ったけれど、二つ目のミスタッチの時に吹っ切れたかな。

ほんの一年前までは舞台でそれ程緊張することは無かったのだけど、去年のフランクでジャブにフックにアッパーを同時にくらった感じ。完全にKO負けpunch
今年もフランク再来・・・って場面も有ったけど、そこから回を重ねたらなんとか(^^;)
・・・綱渡りとも言うのか?

日曜日は直前までロングのドレスを着るか否か悩んだりもしたけど、ある人がかけてくれた言葉を思い出し、そうだよなぁなんて。
とても素敵な言葉を貰った。
「舞台に立つことは非日常で有るから、日常を越えた内容の曲を演奏するには女優並みの表現力が必要で、きっとドレスはそれを支えてくれる」
・・・だいぶ端折ったけど、こんな感じ。
心にストーンって入ってきて、きっとどんな舞台でもそうかもしれない、って思った。
勝負服なんてのも有るように、いつもと違う装いをすることはピアノに限らず何らかのパワーを注入出来る道具になるし、振り返れば確かに、仕事の場面でも、大事な時はちょっと良いスーツなんか着たり、或いは良い靴履いたり。
ピアノなら表現の一部として自分自身を演出する必要も有るよね。
そんなこんなの、色んな人達に背中を押された一日だったなぁ。

今年はバラード1番をとことん追求したいから、また秋から弾く予定だけど、同時に自分がここ数年弾いた曲を思い返す。
・・・あんまり仕上がっていないんだよねぇcatface
シャコンヌに行く前に今一度、未完に終わった数曲をおさらいしようかなぁ、なんて。
数年で暗譜出来た曲なんて・・・3曲しか無いもんgawk
シャコンヌはここで練習を止めたらまた振り出しに戻るからヨチヨチ歩きを続けるけど、過去曲を1曲ずつ暗譜出来るまでおさらいしよう。

|

2014年8月 7日 (木)

宮まつりなど

 あっちーーーーーsun
今日の宇都宮・・・最高気温、37℃だって(>_<)
勤務先の座席は、とーーーーーっても日当たり良い席だから暑いのなんのsweat01
一日お日様を背中に背負ってる感じ。

先週から暑かった宇都宮。土曜日は年に一度の宮まつりへ行ってきた。この日は結構忙しかったんだよね・・・午前中は残務整理に会社へ、午後はレッスン、夕方はお祭り、夜は横浜へ移動catface全て付き合ってくれた相方はもっと疲れたであろう。。。

この宮まつり、私自身、数年ぶりに行ったのだが、楽しかったなぁ。
宇都宮市内の御神輿が集結するのだけど、それは県外にも自慢出来るくらいに圧巻。
本命は二荒山の御神輿だったのだが、日曜日に出るとのことでちょっとがっかりしたものの、それでも他の、沢山の御神輿を見ることが出来、担ぎ手さん達の熱い姿にこちらまで胸が熱くなった。

201408062

二荒山神社の階段上から撮ってみた。・・・宇都宮、こんなに人が居たの!?!?って驚く程の人人人sweat01翌日の日曜日はもっと人出が有ったみたい。

201408063

今年一番のお気に入り(なんて言い方は御神輿に失礼か(^^;))、塙田睦会の御神輿。画像じゃ分かり辛いけど、大きいの。他にも市場御輿とか、どれも荘厳で威圧感すら覚える程の立派な御神輿ばかりだったshine

201408064

中には天狗様がいらっしゃる御神輿も(^^)

担がれている不安定な足もとで、こうして上に乗ることは大変だろうなぁ。何よりこの暑さ、他の御神輿に乗っている方は女性ならサラシだったり、皆さん、わりと薄着だったけど、この天狗様はこれだけのお着物をきているあたり、相当暑かったんじゃないかと思う。

二荒山神社の御神輿を見ることが出来なかったけど、実は翌日の日曜夜に栃木テレビで生中継があったんだよね(^^;)

それをしっかり録画し昨日見たけど・・・涙が出たよ。画面からも伝わる風格には惚れ惚れするばかり。来年は肉眼でしっかり見たいなぁ。

翌日日曜日はサークルのお友達宅へ。

201408065

こんなビールや沢山の手料理をたんまりご馳走になってもーたcatface

ピアノの仲間だから時折・・・ほんの少し・・・一瞬、ピアノの話をしたり、雑談したり。気心知れた仲間と飲むお酒は本当に美味しい。

そう言えばおもしろ連弾の譜面、これも初見にて音を出させて貰ったけど、楽しかったよ。私が持っている譜面とは違うもので、つい欲しくなった(*^_^*)

12月はあの中から何かやったりするのかな。楽しみだ。

遊び呆けた週末だったけど、今週は忙しい。今日も帰宅は22時過ぎ。練習なんて1時間ちょっとしか出来なかったよ。12時過ぎに弾くのはさすがに気が引けるし。

イメトレしながら休むとするか。

|

2014年8月 5日 (火)

ピアノレッスン【8/2】

 先週の土曜日は、およそ10ヶ月ぶりにレッスンへ行ってきた。
最後に見て頂いたのはフランク。プレリュード、コラールとフーガだったのだけど、フーガは一度しか見て頂いていないまま、夏の挫折(遠い記憶・・・)、秋の体調不良と諸問題、冬から春の、仕事による忙しさで行けないまんまだったのだけど、今回は予想外のもう一つの舞台へ向けて急遽見て頂くことにした。
って、今の先生とのお付き合いは今年で・・・20年。
ひゃ~~お互い20歳、年を重ねてしまったね、なーんて話もしながら(^^;)
その20年の間にこのバラード1番は何度見て頂いたのだろうcatface
数年おきに取り組んできた曲だから、今年はもう、今更見て頂くには申し訳なく思い、レッスンのお願いをしなかったのだけど、そんな中の急なレッスン。

いやぁ、久しぶりのレッスンはここの所の本番より緊張したsweat01
結局、誰の前で弾くのが一番緊張するって・・・自分の先生なのよね(^^;)

一度、暗譜で最後まで弾き、その後はとーっても細かい部分を見てくださったのだけど・・・

201408051

いっちばん最初、赤矢印の部分。小刻みにペダルを踏んでみては、とのこと。・・・しかも・・・ハーフペダル!

私的に、「!!!今!?!?」みたいなcryingこれだけでもかなり時間がかかるよ~(>_<)

201408052

ここは、今も昔も変わりませんcatface

軽やかにってことなのだけど、私が弾くとドスドス、大きな足音に聞こえるらしい。でも、確かにそうなの。何て言うか・・・苦手なんだよね、こういう小さい音符。軽やかに弾こうとすると誤魔化してるような弾き方になるしで、この部分も随分弾き直した。

201408053

94小節目のここは、「あー・・・見て頂いて本当に良かった!」と改めて実感したところ。

ペダル、切っちゃイケナイんだよね、ここ。同じ形が沢山出てくるから、全部同じ弾き方になっていたのだけど、こういう部分、ショパンって意地悪だなぁ、なんて思ったり。ほんの少し音が違うとか、こういう風にペダルが違うとか。音を伸ばす、切るの小さな違いとか。長くレッスンに行かないと、こうして見落とす所も有るし、何より我流になってしまうことが多く、そして大きくなって修正するのに時間がかかってしまう。見て頂くことの大切さを痛感した。

201408054

101~104小節。音楽が止まらぬよう、前に前に行く感じで。

うん、確かに。ここも自分で何となくの違和感を感じていた。お手本を聴かせてくださり、一緒に音を出した時のあの感覚。前に前に行く呼吸を感じることが出来たscissors

重点を置いたのはとにかく前半。・・・でもね、とっても嬉しかったのだけど、最後のコーダが「とってもいい!」って仰ってくださってshine

自分自身、コーダはとても大好きな所で、聴くには涙が出るほどに感動するけれど、弾くにはこれまた涙が出るほどに過酷な山。下山したくなっちゃうけど、引き返すことも出来ないような。その部分をとかく褒められたことは、なんか・・・もう、これで終わりで良いかな、と一瞬思ってしまったくらいに嬉しかったhappy02

夏のバラードはこれにて終了だけど、秋以降にまた弾く機会が有るので、その時までにもっと弾き込んでおこう。

次回のレッスンは9月以降。やっと譜読みが終わったシャコンヌを持って行ける~~note先生も見てくださるとのこと、これは頑張らねばrock

|

« 2014年7月 | トップページ | 2014年9月 »