« じわじわくる | トップページ | 宮まつりなど »

2014年8月 5日 (火)

ピアノレッスン【8/2】

 先週の土曜日は、およそ10ヶ月ぶりにレッスンへ行ってきた。
最後に見て頂いたのはフランク。プレリュード、コラールとフーガだったのだけど、フーガは一度しか見て頂いていないまま、夏の挫折(遠い記憶・・・)、秋の体調不良と諸問題、冬から春の、仕事による忙しさで行けないまんまだったのだけど、今回は予想外のもう一つの舞台へ向けて急遽見て頂くことにした。
って、今の先生とのお付き合いは今年で・・・20年。
ひゃ~~お互い20歳、年を重ねてしまったね、なーんて話もしながら(^^;)
その20年の間にこのバラード1番は何度見て頂いたのだろうcatface
数年おきに取り組んできた曲だから、今年はもう、今更見て頂くには申し訳なく思い、レッスンのお願いをしなかったのだけど、そんな中の急なレッスン。

いやぁ、久しぶりのレッスンはここの所の本番より緊張したsweat01
結局、誰の前で弾くのが一番緊張するって・・・自分の先生なのよね(^^;)

一度、暗譜で最後まで弾き、その後はとーっても細かい部分を見てくださったのだけど・・・

201408051

いっちばん最初、赤矢印の部分。小刻みにペダルを踏んでみては、とのこと。・・・しかも・・・ハーフペダル!

私的に、「!!!今!?!?」みたいなcryingこれだけでもかなり時間がかかるよ~(>_<)

201408052

ここは、今も昔も変わりませんcatface

軽やかにってことなのだけど、私が弾くとドスドス、大きな足音に聞こえるらしい。でも、確かにそうなの。何て言うか・・・苦手なんだよね、こういう小さい音符。軽やかに弾こうとすると誤魔化してるような弾き方になるしで、この部分も随分弾き直した。

201408053

94小節目のここは、「あー・・・見て頂いて本当に良かった!」と改めて実感したところ。

ペダル、切っちゃイケナイんだよね、ここ。同じ形が沢山出てくるから、全部同じ弾き方になっていたのだけど、こういう部分、ショパンって意地悪だなぁ、なんて思ったり。ほんの少し音が違うとか、こういう風にペダルが違うとか。音を伸ばす、切るの小さな違いとか。長くレッスンに行かないと、こうして見落とす所も有るし、何より我流になってしまうことが多く、そして大きくなって修正するのに時間がかかってしまう。見て頂くことの大切さを痛感した。

201408054

101~104小節。音楽が止まらぬよう、前に前に行く感じで。

うん、確かに。ここも自分で何となくの違和感を感じていた。お手本を聴かせてくださり、一緒に音を出した時のあの感覚。前に前に行く呼吸を感じることが出来たscissors

重点を置いたのはとにかく前半。・・・でもね、とっても嬉しかったのだけど、最後のコーダが「とってもいい!」って仰ってくださってshine

自分自身、コーダはとても大好きな所で、聴くには涙が出るほどに感動するけれど、弾くにはこれまた涙が出るほどに過酷な山。下山したくなっちゃうけど、引き返すことも出来ないような。その部分をとかく褒められたことは、なんか・・・もう、これで終わりで良いかな、と一瞬思ってしまったくらいに嬉しかったhappy02

夏のバラードはこれにて終了だけど、秋以降にまた弾く機会が有るので、その時までにもっと弾き込んでおこう。

次回のレッスンは9月以降。やっと譜読みが終わったシャコンヌを持って行ける~~note先生も見てくださるとのこと、これは頑張らねばrock

|

« じわじわくる | トップページ | 宮まつりなど »

ピアノレッスン」カテゴリの記事