« 思い出 | トップページ | ちょいと仙台へ »

2014年7月13日 (日)

市内観光

昨日・今日と、相方の友人夫婦が宇都宮へ遊びに来てくれたhappy01

昨日は餃子店を2軒ハシゴし、夜は居酒屋からカクテルの街宇都宮にちなみカクテルバーへ。夕方の5時から飲み始め、解散は22時半。
昨年暮れにも横浜の家で忘年会をしたメンバーなのだけど、本当に楽しく面白いご夫婦で。
丁度一世代(で良いのか?)、一回り弱上の世代の話を聞くのはとても楽しい。
相方とは学生時代からの付き合いだから、酸いも甘いも知っている仲であろう・・・何らかの紳士協定も見え隠れはするものの、あんなこと・こんなことを聞けるのは楽しく嬉しく、いつも時間が過ぎるのがあっという間。

そんな夜から一夜明け今日は、宇都宮市内観光note
とは言ってもね、栃木県は日光と那須という観光名所を抱えているので、宇都宮市内の格好スポットなんて思い当たらないんですわgawk
けれども、相方お気に入りの大谷石資料館へひとまず向かう。

・・・これが、なかなか気に入ってくれたようだsign03

201407131

訪れる度に進化を遂げる資料館(^^;)ライトアップもされ、幻想的な空間なのだ。結婚式を行ったり、前には何らかの演奏会も行われたらしい。でも、湿度が高くてね(*^_^*)楽器を持ち込むのには少し躊躇してしまうんじゃないかな。因みに、今日も何かの撮影をやっていた。何の撮影かは知らないけど、素人目にもかなり大掛かりな撮影に感じた。

201407132

そして中はかなり寒い。本日の気温は10℃。入り口では無料でブランケットを貸してくれたりする。

201407133

こちらは外。何が面白いってね・・・お賽銭が置いてあった(^^;)何となく手を合わせてお賽銭を置く見知らぬ人の光景が容易に浮かんじゃって。

それにしても今日は大型の観光バスが乗り入れていたり、当然観光客で賑わう資料館。・・・初めて見たよ、あんなに混雑しているのを見たのは。

でも、地下にどんどん下りて行く資料館だから、真夏の涼みには最高だと思う。鍾乳洞ではないけれど、とてもロマンチックな雰囲気。

201407134

大谷資料館から大谷観音の見学へ。ここは撮影禁止なのだけど、裏手に咲いていた野生の百合をパシャリ。この一帯、とにかく百合が沢山自生していて、満開になったらちょっと怖いくらい。写真だと分かりづらいけど、一輪一輪がとっても大きい。

201407135

そして少し離れた所にある平和観音。これも写真だと少し分かりづらいのだけど、なかなか大きいのです。こちらは少しお客さんが少なめだったけれど、こちらも見応え有るんじゃないかな。

大谷エリアを後にし、益子へ行こうと思ったら雨も降り出し・・・なんやかんやの末、またしても昨日行った餃子店へcatface

友人夫婦はとても気に入ってくれたらしいその餃子店は「正嗣」shineワタシもねぇ、どちらの餃子を食べてもそりゃ美味しいのだけど、この正嗣が一番好きなので嬉しくなっちゃった。

餃子を食した後はプチ悩み、ろまんちっく村へ(*^_^*)このろまんちっく村、前は確か県の施設だったはずなんだけど、今年の3月に道の駅となったらしく、こちらもびっくりする位に賑わっていたよ。中は変わっていなかったのだけど。

で、ドライバー以外3人、地ビールを飲み帰路へrvcardash

住んでいるとなかなか気付くことが出来ない観光スポットや、前から知っていたにしても、例えば道の駅に変わったとか、進化を遂げる資料館など。改めて行く機会が無いからこそ、こうして友人が訪れ案内をするというのは面白かった。後はやはり、事前にもっとリサーチをし、そこの歴史等も勉強しておくと自分の知識ともなるし、友人に話すことも出来るから一石二鳥になるのに、今回は準備不足だったなぁ~。

そんなこんなの二日間。楽しい時間だった^^

さーて、しばしの休息時間も終わり、練習して・・・また本番だrock

|

« 思い出 | トップページ | ちょいと仙台へ »

日々徒然」カテゴリの記事